JR中央・総武線
吉祥寺駅
西武池袋線
江古田駅
練馬駅
富士見台駅
練馬高野台駅
石神井公園駅
大泉学園駅
西武有楽町線
新桜台駅
京王井の頭線
井の頭公園駅
東京メトロ有楽町線
平和台駅
小竹向原駅
要町駅
都営大江戸線
豊島園駅

テーマをカスタマイズする方法

簡単不動産プロのテーマをカスタマイズする際に子テーマを使用すると、テーマをバージョンアップしても編集内容が上書きして消えることがないのでおすすめです。
子テーマの作り方ですが、

1.インストールディレクトリ/themes/に子テーマ用のディレクトリを作成します。ここでは、fprosell_customとします。

2.次にfprosell_customの中でstyle.cssとfunctions.phpを作成します。

style.cssの内容

[css] Theme Name: 簡単不動産pro-売買版テーマカスタム
Template: fprosell
[/css]  
重要なのはTheme Nameには作成する子テーマの名前を、Templateには親テーマのディレクトリ名を記述することです。大文字と小文字を間違えると反映されないので注意して下さい。

Theme Name
 子テーマの名前(例:簡単不動産pro-売買版テーマカスタム)
Template
 親テーマのフォルダ名(例:fprosell)

functions.phpの内容

[php] <?php
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
wp_enqueue_style( ‘child-style’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’, [ ‘parent-style’ ] );
}
[/php] functions.php に上記のコードを記述して、子テーマを認識させます。

 

管理画面の「外観」->「テーマ」で作成した子テーマを選択します。

header.phpを変更したい場合

親テーマのファイルを修正したい場合は、テーマをアップデートしても修正内容が消えないように子テーマに同名のファイルをコピーして使用します。
例えば、header.phpを修正したい場合は、fprosell/header.phpfprosell_custom/header.phpにコピーし、fprosell_custom/header.phpを修正するようにします。

fprosell_custom/header.phpの中身を変更する例

[html] …
<body>
カスタムテーマ用の修正
<header class="header-section wrapper">

[/html]